齋鹿逸郎
Itsuro Saika

1929 鳥取県に生まれる
1944 16歳で歌人文人画家の早川幾忠や彫刻家の辻晉堂の教えを受ける
1960 この頃から村松画廊、シロタ画廊、お茶の水画廊、古心堂画廊などにて数多くの個展を開催する
1977 画集『黒』(沖積舎)刊行
1995 個展−白と純白のあひだ−(米子市美術館/鳥取)
2007

グループ展「線の迷宮」に参加(目黒区美術館/東京)

6月19日逝去

2009 個展(藤沢市市民ギャラリー/神奈川)
2018

個展(河口湖ミューズ館 与勇輝館、併設展示室/山梨)

齋鹿逸郎・山下菊二 二人展(アートフェア東京彩鳳堂画廊ブース/東京)