与勇輝
Yuki Atae

1937 9月17日、神奈川県川崎市に生まれる
1956 マネキン人形の会社に就職
デザイン、製作、ディスプレイなどに携わる
1963 日本デザインスクール卒業(現 日本デザイン福祉専門学校)
1965 勤務の傍ら創作人形をつくり始める
1968 人形作家の曽山武彦を知り、指導を受ける
1970 川本喜八郎、辻村寿三郎ら人形作家のグループ「第3回グラッブ人形展」参加
1971 人形絵本『シンデレラ』『ピノキオ』(監修:飯沢匡、デザイン:土方重巳)の人形制作担当
1983 マネキン会社を辞め、創作人形に専念
1990 「魅惑の人形たち 与勇輝作品展」を開催、東京をはじめ6会場を巡回
1991 パリ装飾芸術美術館「世界の人形・今昔展」招待出品
NHK趣味百科『人形をつくる』の講師を務める
1993 河口湖ミューズ館・与勇輝館(山梨県富士河口湖町)開館
1994 倉本聰 作 フォトストーリー『ニングル』刊行
「妖精の森 与勇輝展」を開催、東京をはじめ9会場を巡回
1995 河口湖町(現 富士河口湖町)特別町民称号拝受
「郷愁の人形 与勇輝展」を名古屋より3会場にて開催
1996 「子どもの情景 与勇輝展」を府中より5会場にて開催
1998 「与勇輝の世界展」を神戸より9会場にて開催(2002年まで)
NHK朝の連続テレビ小説『天うらら』にて人形制作指導
松竹映画『落下する夕方』に≪小春≫出演
1999 東映映画『鉄道員』のために≪雪子≫制作
2000 ニューヨークにて個展「The World of YUKI ATAE」開催
2001 「神様のかくれんぼ 与勇輝展」を開催、東京をはじめ7会場を巡回(2002年まで)
2006 パリ、バカラ美術館にて「EXPOSITION ATAE YUKI」を開催
パリ展を記念し「与勇輝 人形芸術の世界展」を開催。東京をはじめ国内23会場を巡回
(2008年まで)
2007 川崎市市民文化大使に任命される
日本香堂「かたりべ」CMキャラクターとして≪こころちゃん≫制作
2008 現代の名工(卓越した技能者)受章
川崎市文化賞受賞
サンパウロにて「郷愁の日本 与勇輝人形展」開催
(ブラジル日本移民100周年記念事業に参加)
2010 「昭和・メモリアル 与勇輝展」を開催、東京をはじめ16会場を巡回(2013年まで)
2011 『別冊太陽 与勇輝 人形藝術の世界』刊行
2013 川崎市市民ミュージアムにて「与勇輝展−物語のなかに−」を開催
2014 しもだて美術館にて「郷愁の譜 与勇輝展」を開催
倉吉博物館にて「与勇輝展〜昭和の情景〜」を開催
2015 川越丸広百貨店にて「郷愁の譜 与勇輝展」を開催